Genieについて

会社概要

Genie Networks Ltd.(Genie Networks)は、大規模ネットワークにおけるパフォーマンスの最適化と運用コストの低下を実現するためのネットワーキング・ソリューションおよびセキュリティ・ソリューションのリーディング・テクノロジー・カンパニーです。 設立は2000年6月。本社およびR&Dセンターは台湾の台北市にあり、東京、北京、上海にも現地連絡事務所を置いています。

GenieATMシリーズは、IPフロー・テクノロジーを利用してネットワーク規模でデータ・トラフィックを可視化します。トラフィックの長期的な傾向や細かな属性を知ることで、お客様はネットワークに関する企画や管理、作業等をより的確に行うことができます。 また、GenieATMは挙動解析(NBA)ベースの異常トラフィック検出エンジンを備えており、DDoS攻撃やワームなどのセキリティ脅威からネットワークを保護します。

Genie Networksのソリューションは、低コストで運用とセキュリティ要求を実現することで、お客様のネットワークへの投資対効果の増大に貢献してまいりました。アプライアンス製品であるGenieATMはサービスプロバイダ、官公庁、大学や一般企業まで幅広いお客様にご利用いただいており、その導入実績は500社、1300台を超えます。

アイデア

  • Traffic matrix for better planning, managing and engineering networks
  • Detection and mitigation of distributed denial of service (DDoS) attacks
  • Cost avoidance aspects of Flow-based solutions

会社の歴史

2000

GenieNRM Established

2003

Traffic analysis product GenieNTG released

The first generation of network traffic analysis GenieNTG released and deployed by Chunghwa Telecom

2005

Traffic analysis and DDoS Protection system GenieATM released

The first generation of network traffic analysis and DDoS protection GenieATM released and deployed by Japan’s largest Telecom

2012

Company Name and Logo Change

Announcement of corporate name change to “Genie Networks”

2014

Technical Alliance with A10

2015

F5 Partnership

Joining F5’s technical alliance program for further third party integration

2015

Frost & Sullivan Best DDoS Protection Practice Award

Frost & Sullivan recognizes Genie as the best player in the “APAC DDoS Detection Product Line Strategy Leadership” category.

2016

BIGLOBE Partnership

Partnering with Japan’s BIGLOBE to provide Cloud-Based MSSP service

2018

Officially IPO

Stock symbol TPE: 8298

パートナー

    To learn more of Genie Networks solutions, Please check out our resource download center