ピアリング分析

サービスプロバイダ(SP)は、インターネット・サービスにかかるコスト削減に有効な手段を常に求めています。コストのなかの主要な要素として、インターネットのトラフィックをネットワーク間で適切に流すのに必要なトランジット・コストがあります。ピアリング接続の最適化は、インターネット・サービスプロバイダ(ISP)のトランジット・コストを削減する最も効果的な方法のひとつです。

GeneiATMを利用することで、トラフィックのルーティング・ポリシーを効果的に最適化することが可能で、コストの観点から最良のピアリング/トランジットの組み合わせを実現できます。インターネット、隣接ネットワーク、ルータに関する定義済みレポートにおいてBGPインテリジェンスをデフォルトでサポートし、サブネットに関するレポートでは、Origin ASN、Peer ASN、AS Path Length、Neighbor、BGP Message、BGP Next Hopに基づく詳細分析を行うことが可能です。

peering

ピアリング分析レポートでは、プロバイダのネットワーク同士および各AS間で入力・出力双方向のトラフィック統計量のTop-Nを提供します。入出力方向のトラリック統計量は、さらに”To/From”トラフィック、”Through”トラフィック別にブレークダウンすることができます。これは、ピアリング構成を評価、管理するのに非常に有効な機能です。

また、GenieATMのカスタマイズ分析レポートとスナップショット・ツールを使用してBGP関連の分析ファクターを自由に組み合わせ、ニーズに合わせた監視レポートの生成やトラブルシューティングを行うことができます。BGP関連の分析ファクターとしては、BGP Community、Peer ASN、Origin ASN、IPv4/IPv6 BGP Next Hopなどがサポートされています。

    To learn more of Genie Networks solutions, Please check out our resource download center